1997年、高校生だったハヤシがDEVOに憧れPOLYSICSを結成。
結成当初から、揃いのツナギにサングラス、特異なライブパフォーマンス、爆音ギターと、シンセサイザーやヴォコーダーなど、コンピューターミュージックを融合させた稀有なサウンドで注目を集め、一躍「TOKYO NEW WAVE OF NEW WAVE」というシーンのトップに躍り出る。
1998年、カヨが加入。
1999年、早くもアルバム「1st P」でインディーデビュー。
翌年には、キューンレコードからメジャーデビューし、海外での活動も開始。
「SXSW2000」を含むアメリカツアーを行い、インディー時代のBEST ALBUM「Hey! Bob! My Friend」をアメリカと韓国でリリースした。
2001年に、それまでサポートとして活動していたフミが正式加入。
2003年、デビュー時からのドラマー、スガイが脱退。サポートドラマーにイシマル[SNAIL RAMP]を迎え活動する。
この頃から海外での活動も本格化。メジャー1stアルバム「NEU」をアメリカでリリースし、初の全米ツアーも行った。
2004年、ベストアルバム「POLYSICS OR DIE!!!!」をリリースし、7日間連続ライブ「7DAYS TO DIE!!!!!」を行う。
このライブの最終日にドラマーのヤノがデビュー。
またこの年からイギリスでも活動を開始。ベストアルバム「POLYSICS OR DIE!!!!」をリリースし、2度のイギリスツアーを行った。
年間100本前後のライブを行うようになり、徐々にライブの評価が高まっていった。
2005年、メジャー5thアルバム「Now is the time!」をリリース。
過去最高の評価を得たこのアルバムは、翌年、アメリカ、ヨーロッパでもリリースされた。この年のライブは6カ国96本。

海外での評価もうなぎのぼりで、多くの有名アーティストからツアーのオファーが有り、2006年4月にはカイザーチーフスのサポートアクトに抜擢され、彼らのイギリスツアーに同行する。

2007年、POLYSICSは結成10周年を迎えた。
2/28にはNEW ALBUM「KARATE HOUSE」をリリース、3/4にはSHIBUYA-AXにて「10周年 OR DIE!!!! 東京!食パン!ピッピキ!たて笛!ツナギで世界中にありがトイス!!」と題した記念LIVEを行なった。6月にはワンマンでは初の日比谷野外大音楽堂でのLIVEも敢行。
10/9、北米にてMySpace Recordsより、BEST ALBUM第二弾となる「POLYSICS OR DIE!!!!-VISTA-」をリリース。
2008年4月23日、通算9枚目のアルバム『We ate the machine』をリリース。
38か所を廻った全国ツアーはほとんどの公演がSOLD OUT。2度のヨーロッパツアーと秋にはUS ツアーを行い、この年のライブはなんとPOLYSICS史上最多の114本。
2009年7月、10年ぶりのFUJI ROCK FESTIVAL出演を果たす。
(@WHITE STAGE)。
9月16日、通算10枚目のアルバム『Absolute POLYSICS』をリリース。

2010年1月、ヤノ加入以降のベストアルバム「BESTOISU」をリリース。
2010年3月14日、メジャーデビュー10周年記念として、初の武道館公演を行う。チケットはSOLD OUT。そして、この日をもって、カヨが卒業。
バンドは一時活動休止状態へ。

2010年8月、短い充電期間を経て、日本のフェスでハヤシ・フミ・ヤノの3人体制として早くも復活。
12月8日には3人となってからの初の音源であり、新生POLYSICSの名刺代わりというべきミニアルバム「eee-P!!!」をリリース。

2011年3月4日に3人となって初のSHIBUYA-AXでのワンマンライブを行い、同時に初のUstream配信も行う。総ツイート数は1万を超え、世界から絶賛された。
2011年3月9日には、3人体制初のフルアルバム「Oh! No! It's Heavy Polysick!!!」をリリース。

2012年2月には結成15周年を記念し、多彩なゲストを迎え制作した『15th P』をリリース。3月3日に通算1000本目のライブを達成し、翌4日には結成15周年を迎えた。同年12月には3人体制となって2枚目のフル・アルバム『Weeeeeeeeee!!!』をリリースし、全国ツアーを行った。